隣の犬の健康状態

Presented by:隣の犬の健康状態

身近な犬の健康トラブル「口臭」…他の家の犬はどう?

口臭は多少気になることもありますが、慣れているためかさほど気になりません。また、口臭対策についてはあまり考えたことはありませんでした。犬用のガムは与えていましたが、そのほかに何をしてあげればよいのか見当が付きません。たまに動画サイトとかで見る猫ちゃんの歯磨き動画のようなことをしてあげた方がいいのか、気になるところではあります。

5歳・種類
雑種柴犬程度の中型犬、茶と黒ののまだらな毛並み

かなり臭いました。車の中ではっはっと息をすると、口を閉じて欲しいなと思うくらいになってしまったので先月、獣医さんで歯石取りをしてもらい解消しました。歯磨きは小さい頃からこまめにやっていて気付いた時にスケラーも使用。この年齢までひどい口臭に悩んだことがないので、年齢的に歯石がつきやすくなったことと、頑固になり以前のように歯磨きに協力的でなくなってきたことが原因かなと思っています。

12歳・種類
日本犬のミックス

口臭が全くしないことはありませんが、普段はそれほど気になりません、ただ体調(胃の調子等内臓系)が良くない時は口臭もきつめになります。口臭が強くなる理由がわかっているので、特に対策はせず、お医者様に連れて行って体調を整える薬をもらったりして改善すると口臭も弱まります。

8歳・種類
柴犬

割と臭いです。毎日グリニーズを食べていますし、ホースアキレスや歯磨きガムなどのおやつも大好きです。歯茎にかける歯石予防スプレーも一日一回しています。でも歯磨きは苦手でしていないので、そのせいだと思います。

7歳・種類
ダックスフントとトイプードルのミックス

口臭はありません。毎日犬専用の歯磨き粉を使ってはみがきをしています。幼い頃からやっていますが、そのせいかあまり嫌がらず歯を磨かせてくれます。毎日少しでも歯を磨くことで歯垢がたまるのを防ぐことができていると思います。歯も白く綺麗なままです。

2歳・種類
ダックスとチワワのミックス(短毛)

物凄く酷いという訳ではありませんが、ある程度の臭いはあります。抱っこしている時に、愛犬があくびをしたりすると口臭を感じます。歯磨きを行っていないことと、歯石が溜まっているのでそれが口臭の原因だと思います。

10歳・種類
ミニチュアダックスフント

口を開けるのが恐ろしいほど、臭いです。子犬の頃から、歯のお手入れをしていませんでした。その習慣で、老犬になっても、何もしていません。よく顔をなめられるのですが、臭すぎて、息を止めてしまいます。犬があくびしただけで、匂いがただよってきます。

13歳・種類
ミニチュアダックスフンド

かなり臭います。家の2階にいてもその口臭が漂います。特に、牛肉がたくさん入っているドッグフードを食べた時にはかなり口臭が漂います。良い場合いにはそのドックフードを鶏肉が主とするものに変えたからです。又、たっぷりと睡眠をした時には臭いも良くなります。

2歳・種類
ダックスフンド

口臭は近くによると臭います。考えられる理由として、老犬ということと、人間の食べ物を食べることがあった為ではないかと思います。現在の対策は、歯磨きガムを一日に一本与えています。歯磨きガムには口臭を抑える効果もあるそうです。

15歳・種類
アメリカンコッカースパニエル

口臭は全くないとは言えませんが、全然気にならない程度です。対策等は特にしていませんが、口臭が無いと言うのは健康であると思います。その他、口臭の原因である歯石なども今のところは無いです。ただ、歯石に対してはガーゼや軍手などを使ってオーナー自身の指の感覚で歯磨きしてあげるといいと思います。

1歳・種類
プードルとパピヨンのミックス

大丈夫?犬の口臭は寿命を短くする

犬を飼っていてとてもかわいいのに、どうしても好きになれない部分がある…

という悩みで多いのが口臭。

犬の口臭って人のと違ってもう強烈なんですよね…

それって歯垢が溜まっているか、胃腸で消化不良を起こしているかの二種類が原因。

特に厄介なのは胃腸の方。

これは口臭原因になるだけではなく、犬の寿命に関わるからです。

http://犬の口臭対策.net/

このサイトに書かれているように、犬に合わない食事を与え続けることで、胃腸に負担がかかり続ける、そしてそれが体を弱らせることになり寿命を縮めるのです。

たかが口臭と思っていては危ないということ。もし歯垢ケアしてもニオイが変わらないなら非常に危険ですよ。

消化に負担がかかるような状態が続くと、活性酸素が多く発生してガン細胞ができるきっかけとなります。

参照:ドッグフードを変えてガン予防

それに、口臭がしなくなってくると毛並みも良くなってくるんです。これもかなり大きな嬉しいポイント。

逆に毛並みが悪いといい餌を与えていない…なんて他の飼い主に思われているかもしれないということです。